「建築材料」カテゴリーアーカイブ

old friend is BEST FRIEND

16日の夜は父と横浜みなとみらいへ。横浜ベイホテル東急内の日本料理店「大志満」さんにて、タイから来ているヴィチャイご一家とミハマ通商さんと一緒にお食事をいただきました。

ヴィチャイはかつてカリン材とラバーウッド材で取引をしていました。父とは30年来の友人です。ミハマ通商さんの先代、武井さんと幾度となくタイに向かっておりました。ご令嬢のビビさんの結婚式にも招待され家族ぐるみのお付き合いです。

私もタイで一度お会いしておりました。お土産に 続きを読む old friend is BEST FRIEND

耐久性のある木材

駐車場の車ガードで設置したこの木材は青木工務店のデッキ材や、国産材指定が無い場合の土台材であるオーストラリアサイプレスです。ハードサイプレスと呼ばれたり、住宅金融支援機構の仕様書ではサイプレスパイン(パイン=マツですが、この木はヒノキ科です)と書かれている木材です。

土やアスファルトにこの様に直接埋め込んで10年。一般的な外部用塗料を最初に塗っただけで防腐処理などしておりません。でも根元までまだまだガッチリとしています。本当に耐久性の高い木材です。日本では耐久性の高い分類の木材であるヒノキでもこの様に使ったら5年も持たないのではと思います。マツやツガならば1年でしょうか。

そして!森林認証のFSC材でもあります!青木工務店のこだわりの一つです。

戸塚区I邸お引渡し

土曜日は戸塚区で工事を進めておりましたI邸がお引渡しとなりました。I邸は地域材を利用した長期優良住宅で、H27補正予算から始まっている地域型住宅グリーン化事業の三世代同居対応で通常に加えた補助金が交付される予定です。

玄関周りの杉板が毎日の帰宅時にほっとさせてくれるのではないでしょうか。このあと周囲の建物が解体されて、ようやく最終形の姿が敷地外からも見ることができます。
f0070542_08234114
上下階それぞれに水廻りがある二世帯住宅です。化粧梁などがありますが、JBN仕様の省令準耐火構造となっているので 続きを読む 戸塚区I邸お引渡し

戸塚区I邸

戸塚区I邸は、地域型住宅グリーン化事業・三世代同居対応の長期優良住宅です。

上下階それぞれに水廻りがある二世帯住宅で、化粧梁などがありますが、JBN仕様の省令準耐火構造となっているので火災保険料や地震保険も一般的な木造住宅と比べて大きく割引が適用されます。普通に見えるのに、という所が実は重要なことだったりするのです

柱や土台に加え、床下地の構造用合板も神奈川県産木材を使用しております。

可倒式のキッチンカウンターなど随所にお施主様の拘りが反映されています。

地域材利用の長期優良住宅で耐震等級3と火災保険も割引となる省令準耐火構造の大和市K邸

大和市K邸は神奈川県産木材など地域材利用の長期優良住宅となっております。
さらに耐震等級3と火災保険も割引となる省令準耐火構造です。
「家族に住み継げる家を」というK様のご要望にお応えしました。
駐車車両の関係で一段上げて施工したデッキは大人の頭より少し上になりスペースを邪魔せず、中間領域をもたらすと共に、外回遊の動線が生まれました。

大和市K邸完成現場見学会開催!

大和市で工事中のK邸の完成現場見学会を今週末土曜日に行います。

開催日時:2016年7月2日(土)10:00から17:00
場所など詳しくは弊社までご連絡ください!

ウィンドキャッチ効果も配慮した省エネ長期優良住宅となっております。もちろん神奈川県産木材など地域材利用です。
室内には防音室対応となっているピアノ室も設えております。是非お越しくださいませ!
f0070542_13384358

ドレーキップ

窓メーカーのYKKAPさんが展開している樹脂窓APW330シリーズに、新しくドレーキップが出るようです。

ドレーキップとは、開きドアの様な縦開閉と、外倒しドアの様な横開閉の2つの開閉方法がある窓です。海外の木製サッシでは良くあるのですが、換気と防犯、転落防止など様々な優れた窓です。

価格はどのくらいになるのでしょう?何れにしても、また採用したい窓が増えました!
f0070542_17575447

ヨロイ張りの外壁が一際目立つ長期優良住宅

神奈川県産木材をヨロイ張りに仕上げた外観は、緑豊かなロケーションに大変マッチしています。

落ち着きと広がりを感じる3.5mの吹き抜け、居心地の良さが際立つ篭り場的バルコニー、重力換気を促すサイドトップライト、床を下げた寛ぎリビングなど、快適性を追求した長期優良住宅です。

旭ファイバーグラス湘南工場見学

昨日は午後から設計現場社員皆で寒川町にある旭ファイバーグラス株式会社の湘南工場を見学しました。旭ファイバーグラスは断熱材のグラスウールメーカーです。青木工務店ではこれまで様々な断熱材を使用しておりましたが、最近は環境問題や防火耐火の関係からグラスウールを標準的に使用しております。そしてこの旭ファイバーグラスさんのアクリアが一番多いです。
f0070542_14103239
座学では一般的なお話から世界初の技術の話まで 続きを読む 旭ファイバーグラス湘南工場見学

神奈川県産木材を使用した長期優良住宅・藤沢市T邸のご紹介

神奈川県産木材を使用した、長期優良住宅のご紹介です。
屋根は自然石吹付ガルバリウム鋼板で、外壁は板張りの防火構造(大臣認定)となっています。
外壁と屋根断熱材ともにセルローズファイバーを採用しています。
サッシは防火認定の樹脂サッシAPW330です。
お施主様のこだわりで「ルフロ」という第一種換気システムを採用しました。

良い材料の確保

インフレターゲットという建築技術者には聞き慣れない言葉がニュースで聞くようになりました。

難しい事はわかりませんが、とにかくインフレはデフレの逆なのでお金の価値が下がり、物の価値が上がります。つまり、資材が高くなるのです。
f0070542_17375176
折から海外製品に対して日本の購買力が低下する中で、良い製品を手に入れる事がだんだん厳しくなってきていました。 続きを読む 良い材料の確保