Editor のすべての投稿

適合再生住宅web③

住まいのコンシェルジュ 第323回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「適合再生住宅web③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回は新しいテーマ「長期優良化リフォーム推進事業①」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

母の葬儀

先週の3月27日に、母が他界しました。今週は母の葬儀を執り行いました。
f0070542_1342495
68歳なので少し早かったのですが、本人は若いころから「佳人薄命」といっていたのを思い出しました。
f0070542_1361148
花が大好きだった母は自宅や家の前の道路に寄せ植えをしたり、会社やモデルハウスのお花も手入れをしておりました。葬儀には沢山のお花を戴き、母もとても喜んでいると思います。皆様、ありがとうございました。
f0070542_131426
末っ子の私は特に母と色々な話をしておりました。父を支えていた半生、洗濯物をたたみながら母が父の愚痴をいっていたのを良く聞いておりました。私自身も母から良く励まされ、応援してもらいました。

会社をしっかりと良くしていくことが母にとって私のできる弔いだと思います。今期も全力で頑張ります。

適合再生住宅web②

住まいのコンシェルジュ 第322回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「適合再生住宅web②」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回は「長期優良化リフォーム推進事業①」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!

4月の見学会予定

4月の完成現場見学会です。どの現場も素敵に仕上がりますので是非お越しください。

①4月19日(土)10:00から16:00
町田市つくし野Y邸
キーワード:長期優良住宅、2世帯住宅、省令準耐火構造、地域型住宅ブランド化事業、神奈川県産木材、外壁板張り、採光、眺望、耐震等級3(1.5倍)

②4月26日(土)10:00から16:00
大和市中央林間O邸
キーワード:長期優良住宅、令準耐火構造、地域型住宅ブランド化事業、神奈川県産木材、外壁板張り、大型ウッドデッキ、庭の木を利用、耐震等級3(1.5倍)

この他にもまだ開催されるかもしれません。直前になってしまうかもしれませんが、是非チェックしてみてください!

TOTOキッチン受注停止

大量の受注がさばき切れていないようで、TOTOさんのキッチンが現在全製品受注停止になっているようです。
青木工務店では、シンクやレンジフードの清掃性の高さがお客様から好評なこともあり、TOTOのキッチンを勧めることが多いのですが、困ったことです。
住宅業界では2月の大雪で色々なキッチンメーカーで工場の被災があり、稼働するキッチンメーカーに切り替えられておりました。TOTOさんは幸い大きな影響がなかったのですが、切り替えの受け皿で受注が増え、更に消費税増税までの年度内完成といった社会的な影響も重なりました。一部製品の遅れという状態から、今回すべて受注停止となりました。

適合再生住宅web①

住まいのコンシェルジュ 第321回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日からは新しいタイトルコールと想ワレの唄になります!
そしてテーマは「適合再生住宅web①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「適合再生web②」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!

賃貸戸建2棟上棟

先々週になりますが、大和市南林間で工事中の賃貸戸建住宅2棟が無事に上棟いたしました。
f0070542_7342070
昨年も同じ賃貸戸建住宅2棟のプロジェクトを行っておりました。見学会で建物をとても気に入って下さったお客様がお声掛けをしていただいてからスタートしました。もちろん今回も地域材をふんだんに使用した、認定長期優良住宅です。
f0070542_736853
賃貸住宅というと少しチープなイメージをもたれてしまいそうですが、青木工務店の賃貸戸建住宅は注文住宅と変わらない品質です。

内装は無垢材を中心、外壁には無垢の杉板張り、省エネ基準も余裕をもって適合、耐震等級は3(基準法の1.5倍)、火災にも安心の省令準耐火構造です。今回は勾配天井にロフトを取り付けております。
f0070542_7382959
現場棟梁は狩野大工です。弟子の北嶋大工とそれぞれ分かれて競い合って(?)現場を進めていきます。親方の仕事を隣で見ながら、北嶋大工も初めて1棟責任を持って工事を行いますので気合が入っております。

H様、おめでとうございます。しっかりと仕上げてお引渡しをいたしますのでよろしくお願いいたします。

竣工現場の紹介②元住吉S邸

こちらは元住吉で竣工しましたS邸です。築40年以上の古い木造住宅を耐震、バリアフリー、省エネ改修を行い、内装は無垢材をふんだんに使用しました。
f0070542_1450231
ファサードで印象的な縦長窓の上には、パッシブエネルギーを調整する小庇とすだれ用のフックが付いています。西日対策ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
以前は細々と部屋が分かれていた一階はほぼワンルームの空間になりました。光が部屋全体を包み込みます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA床には冬は暖かく、夏はさらりと快適な柔らかい杉のフローリングです。
f0070542_1457525
2階建てですが、ホームエレベーターも設置しました。上下階の移動もこれで安心です。
f0070542_1458362
暗くなりがちな北側の玄関も、階段から降り注ぐ光を格子壁を介して入るようにしました。階段下の空間には手押しの車なども置いておけるので、ごちゃごちゃしないで利用できます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
他の画像はこちらでご紹介しています。→元住吉S邸(スケルトンリフォーム施工例)

築30年以上の部分を柱や梁だけを残して耐震補強、増築、断熱改修 杉並区F邸

杉並区のF邸は、既存の一部を保存し、築30年以上の部分を柱や梁だけを残して耐震補強、増築、断熱改修を行いました。屋根が複雑な形をしているのは、高さの法規制によるものです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
床のビルマチーク無垢フローリングが印象的な1階のLDKです。細部のディテイールにもこだわりが感じられます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
南側に張り出して主寝室が設けられました。私はこの部屋が一番心地良いとかんじました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2階のLDKはウォールナットフローリングとロフトのある空間です。
f0070542_14421256
リビングに続くバルコニーにはリビングと同じ高さにしたウッドデッキと目隠しのルーバー。
f0070542_14425836
目隠しのルーバーから漏れる陽の光がまた良いですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
斜線の厳しい北に位置する寝室です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
居室で求める平均天井高さを確保するために、煙突状に天井が伸びておりサイドトップライトが取り付けられております。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
玄関もどこなく厳かな雰囲気が演出されております。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのほかの写真はこちらからどうぞ↓

水戸工務店見学会

一昨日ですが、午後から千葉県の工務店さんの現場及び社屋を見学させていただきました。JBN次世代の会のメンバーで千葉県の工務店、タケワキ住宅建設さんと水戸工務店さんです。

千葉の次世代の会メンバーは、地域住宅産業の担い手を取りまとめるため全国の都道府県におかれている地域協議会となる事務局「ちば木造建築ネットワーク」を自らで立ち上げて精力的に活動されております。

タケワキ住宅建設さんの竹脇社長は同団体の会長、水戸工務店の小林社長は同団体の副会長です。

ちなみに神奈川県では県の外郭団体である「公益社団法人かながわ住まいまちづくり協会(まち協)」が地域事務局となっております。

f0070542_843325
竹脇さんの伝統工法で施工した現場の後、小林社長の自宅兼モデルハウスを見学させていただきました。

写真の体格の良い方が小林社長です。ワインと肉をこよなく愛する方なので、皆でそれ系のお土産を持参しました。築7年のお住まいですが、施工精度と木づかいに馴れた家づくりをされていることが良く体感できました。

それにしても若くしてこんなに大きな住宅(地下付き3層2階建て住宅で延床70坪)に住んでいるとは羨ましいかぎりです、、、。
f0070542_8433279
場所を移して社屋兼モデルハウスも見学させていただきました。

会社では先代の小林会長とお会いできました。大工の棟梁として独立して水戸工務店を立ち上げた方です。

ハートの熱い方で、会社の紹介など思わず引き込まれるお話しでした。

もともと小林社長がJBNの活動に懐疑的な様子だと小林社長から聞いておりましたが、JBNが真面目に工務店による工務店のネットワークを作っていることに今では深くご理解いただいているそうです。

千葉のネットワークは新しいのですがとても活発で強力でした。神奈川県も負けていられませんね。

耐震補強③

住まいのコンシェルジュ 第319回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「耐震補強③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回は「リフォーム契約書」についてお話しいたします。次回もお楽しみに!