かながわ家づくりフェア2013

f0070542_7533441
今年も神奈川新聞社並びにかながわ木づかい推進協議会主催の家づくりイベント、「かながわ家づくりフェア2013」が行われます。7月21日(日)の11:00から16:30(最終入場は16:00)で、横浜ワールドポーターズの6階イベントホールです。
私も会の会長をしている「かながわ200年の家をつくる会」として当日展示参加をしております。地域型住宅ブランド化事業で私たちの考える神奈川での家づくり、共通ルールなど建物に加えてその後の家守り・メンテナンス体制など会員工務店で行っている活動もご紹介したいと思っております。是非、ご参加ください。

祝!大和市H邸上棟!

f0070542_752744
昨日は会社からほど近い場所の大和市H邸が無事に上棟いたしました。
H邸は木造3階建ての住宅です。三角地に二方向道路の敷地なので、陽当たりと通風には申し分の無い立地です。冬はたくさんの太陽を浴びて暖かいと思いますが、夏は強い陽射しに当たるので、庇のフックとよしずかけは当然に設計仕様に盛り込みました。
見せ場となる三階リビングからの眺め、完成が楽しみです。H様おめでとうございます。引き続きよろしくお願いします。

綾瀬市N邸構造見学会開催!

今週末6日(土)は、綾瀬市深谷で工事中のN邸構造見学会が行われます。
N邸の概要は以下の通りです。

1)木造軸組み工法2階建て専用住宅
2)延床面積 92.54㎡(28.0坪)
3)長期優良住宅
4)国土交通省事業 地域型住宅ブランド化事業 かながわ200年の家 Eバージョン(外壁板張り)
5)かながわ県認証県産木材使用
6)省令準耐火構造
7)自立循環型住宅設計手法採用(パッシブエネルギー利用)
8)マイホーム借り上げ制度利用
他にも話題は盛りだくさんです。
f0070542_1901544
コンパクトな外観からは想像できない、開放的な室内空間とパッケージングを両立しております。注文住宅ならではの家づくりを是非ご覧ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

値上げの7月

昨日から7月がスタートしております。今年ももう折り返しの後半となりますね。私はますます月日が流れるのを早く感じております。
今年は年頭から建設資材の値上げがありましたが、春先にも値上げ、そしてこの7月にも値上げというアナウンスがあちこちから聞かれます。大変な事です。早目に手当てをした在庫の木材でお客様には喜んで戴きたいですね。
さあ、今月も張り切って行きましょう!

大磯S邸地盤調査

先日は朝から大磯の新築計画の現場の地盤調査を立ち会いました。
大磯駅前には大きく「日本初の海水浴場」と書いてあります。様々な著名人が愛した大磯。景観にも気を使います。
海の気配がする敷地はやはり砂地盤です。緩く地下水位が高い砂地盤は液状化の可能性がありますが、こちらは調査機械の動きでもよくわかるガチガチに締まった砂地盤でした。念の為音も確認していました。一安心です。
f0070542_18363016
景観の条例がいろいろと関係しますので、町役場にも立ち寄りました。HPにも情報提供がなされておりますが、実際の手続きや運用方法なども担当者の方に教えて戴きました。これでプランの方向性が固まりました。
f0070542_183631100

綾瀬市N邸外壁木板終了

地域型住宅ブランド化事業、かながわ200年の家Eバージョンにて施工中の綾瀬市N邸の杉板外壁が終了しております。
来週6日土曜日は構造見学会が行われますので、普段養生ネットで隠れて見えない所も公開されます。是非御参加下さい。
f0070542_7142659

やまと産業フェア2013企画委員会

昨日は毎年大和駅前にて11月に行われている、やまと産業フェアの企画委員会に委員として出席しました。昨年から大和商工会議所の建設業部会の代表として委員出席しております。せっかくなので昨年も色々と意見を申し上げておりましたが、今年は例年よりも早いスタートで検討を始めております。
産業フェアにはこの企画委員会とは別に、実行委員会というものもあります。違いを説明しますと、そもそも産業フェアは大和商工会議所とJAさんとの共同イベントということで、実行委員会はその両組織によって集められております。そして企画委員会は大和商工会議所内で産業フェアの内容を検討する委員会です(わかりにくいですね)。
色々と意見を言ってもこれまでのやり方というものもあり、なかなか意見が通らないのですが、そもそもここに呼ばれているのは硬直した組織に変化を期待されているものと私は認識しているので、若い奴がと言われながらもあるべき方向に向かうように頑張っていきます。大和生まれの大和育ちですから。
f0070542_23321784

神奈川県大和市の青木工務店 品質方針は「社会、地域に必要とされる工務店であり続ける為の魅力ある家作り」