「住まいのコンシェルジュ」カテゴリーアーカイブ

ブラックアウトと再生可能エネルギー

今週11日木曜日の読売新聞朝刊の記事です。季節が中間期となり電力需要が減る今月にも再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電の出力制限を要請するという事です。

需給バランスが崩れると電気の周波数が乱れ、発電機が故障するなどして大規模停電「ブラックアウト」が発生する恐れがある為に行うそうです。当面は10KW/h以上の事業者に限定して行うため、それ以下の一般家庭は対象外という事ですのでとりあえずは安心ですね。とはいえ、現在のこの様な状況を考えていくといずれ一般家庭の太陽光発電の出力制限も要請されていきそうです。私たち工務店の中でも、戸建ての屋根などで造られる太陽光発電の電気は自家使用目的を優先的に考えることが大事だよね、と話しています。

事業者は投資目的ですので、この様な出力制限で「損」をしたとしてもそれは事業ですので織り込んでいなければならなかった事。一般家庭では安易にZEHなどに乗せられてこの様な「損」をさせられては、、、ねぇ。

出力制限など経済産業省も電力会社も現在の電力インフラ等の状況から再生可能エネルギー普及の際にもともと織り込んでいた制度と言います。しかし、多くの一般国民には届いていませんでした。電気代を支払う時に幅広く徴収されている「再生可能エネルギー発電促進賦課金」もこうやって出力制限をさせられるのであれば何のためのお金なのか。私はちょっと腑に落ちない気持ちでいます。

そもそも太陽光発電といった設備を一般企業や国民に求めず、電力会社など発電する企業が進めて自らコントロールするべきであったと思うのです。一般企業や個人宅に普及させておいて、出力制御をし、経年し老朽化した発電設備は「お宅のものでしょ」とそれぞれが撤去・廃棄費用を負担する、という事が今後おきるのでしょう、、、悲。

火災保険①

住まいのコンシェルジュ 第790回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「火災保険①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「火災保険②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

土地選び④

住まいのコンシェルジュ 第789回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「土地選び④」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回は新しいテーマ「火災保険①」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

土地選び③

住まいのコンシェルジュ 第788回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「土地選び③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「土地選び④」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

土地選び②

住まいのコンシェルジュ 第787回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「土地選び②」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「土地選び③」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

化粧柱の番付振り

先週の土曜日は朝から現場で使う化粧柱の番付作業を行っておりました。

「化粧柱」は見え掛りに使う柱の事を言います。つまり、構造材と仕上げ材を兼ねている柱です。真壁の部屋に使うこととなります。見え掛りに使うのだから、できるだけ節が無かったり目立たないように使う事を心がけます。

節は枝のあった痕です。木は当然に枝葉を伸ばし成長していくのですが、適度な時期に枝打ちという枝を取り除く作業を行って節を覆いかぶさるように木が成長して、節の無い表面が作られていきます。また、節の無い面をどんどん削っていくと節が現れることもあります。

柱を一本一本見ながら、建物のどこの柱にどの向きで使うかを考える作業が「番付」です。山からの恵みを適材適所に使い分ける作業は木と対話しているようでとても楽しいものです。どの面も節が無ければどこにどう使ってもそれなりに仕上がりますが、コストは膨大に膨れ上がります。家の中の柱で床柱や和室、玄関、居間など部屋ごとの「格」を意識しながら、背割れの向き、木目や色の違い、窓や家具で隠れる・隠れないなど節の位置などを見ながらできるだけ綺麗に見えるように考えて決めていきます。

在庫で持っている化粧用の柱をどんどんと振り分けていきます。柱には 続きを読む 化粧柱の番付振り

土地選び①

住まいのコンシェルジュ 第786回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「土地選び①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「土地選び②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

コンクリートブロック塀④

住まいのコンシェルジュ 第785回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「コンクリートブロック塀④」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回は新しいテーマ「土地選び①」についてお話いたします。次回もお楽しみに。

コンクリートブロック塀③

住まいのコンシェルジュ 第784回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「コンクリートブロック塀③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「コンクリートブロック塀④」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

コンクリートブロック塀②

住まいのコンシェルジュ 第783回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「コンクリートブロック塀②」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引き続き「コンクリートブロック塀③」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

コンクリートブロック塀①

住まいのコンシェルジュ 第782回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「コンクリートブロック塀①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引きつづき「コンクリートブロック塀②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

平成30年度フラット35適合証明技術者講習

先週の金曜日は午後から県民ホールにて、住宅金融支援機構のフラット35適合証明技術者講習を受けておりました。こちらは2年毎の更新があります。この日を逃すと2年先になってしまうので大事な講習です。今回も200名近くの受講者でしたが、前回よりも少し減っているかもしれません。

この講習で得られる資格は既存住宅のフラット35融資において建物の適合をチェックするもので、建築士の業務の範囲です。適合証明技術者の中には不正検査も多く存在しており、官報でも懲罰の公開で良く目にします。適合とさせて融資が下りるような不動産屋さんの圧力も相当なのかもしれませんね。お陰で(!?)テキストは毎回厚くなり内容も厳格化する一方です。

今回のトピックスとしては、一定の書類には偽造防止用紙で発行する事(新しく買っておかないと)。書式がほぼ全て一新されている事。宅建業法の状況調査技術者のインスペクション結果の一部適用可能になった事などです。

青木工務店では引き続き適合証明業務をお引き受け出来ますので、インスペクション、売買かし保険と合わせてお気軽にお問い合わせ下さい!