「ISO9001:2008」カテゴリーアーカイブ

品質マニュアル9版完成!

ここ数か月にコンサルタントと打合せを進めておりました、品質管理の世界基準であるISO9001の2015年版に対応した新しい品質マニュアルの9版がようやく完成しました!

2015年規格では品質マニュアルの整備は絶対要件ではありませんが、運用を考えるとこれまで通りに品質マニュアルがあった方が都合がよいようです。現在、帳票類を新しい規格の番号に整理をしております。来週から本格運用です。

12月の内部監査、2月のマネジメントレビューを経て更に改定を行い、来年の切り替え審査ではこの次の第10版で受審予定です。

品質をしっかりと磨いて、つねにブラッシュアップした組織でありたいですね。

ISO9001のサーベイランス

2015年版に着々と

昨日まで品質管理の国際規格ISO9001のサーベイランスを審査機関BSIで受審しておりました。無事に今回もクリアできそうです。2008年版でのサーベイランスは今回が最後、来年からは最新の2015年版での受審となります。

認証を取得してから14年経過しておりますが、これまでも多くの方に助言をいただいて進めてまいりました。規格が変わっても私たちの仕事への取り組み姿勢は変わらず、まだまだ足りない事ばかりですが引き続き深化させていきます。

ISO9001サーベイランス

水曜日、木曜日は年に1回のISO9001のサーベイランスでした。サーベイランスとは、ISOの認証機関による外部監査のようなものです。
f0070542_08371596
ISOでは常にブラッシュアップを求めており、なあなあになりがちな内部からの視点ではなく外部からの視点でヒアリングから資料を確認などをすることで 続きを読む ISO9001サーベイランス

ISO9001再認証審査

7月29日から31日午前中までの2.5日間、通常業務と並行しながらISO9001の再認証審査が社内で行われました。ISO9001は品質管理の世界標準規格です。青木工務店のISO9001では1年に1回の外部審査員による更新審査(サーベイランス)、3年に1回の再認証審査が行われます。今回も外部審査はBSIさんにお願いしました。
f0070542_17012301
全ての部署の部長は私が兼務をしている状態ですが、実の所は各課長が責任者として配置をしております。 続きを読む ISO9001再認証審査

ISO9001:2008サーベイランス

一昨日、昨日と2日間、ISO9001のサーベイランスが行われました。
ISO9001は品質管理の国際基準です。毎年行われるサーベイランスと3年毎に行われる更新審査が行われます。認証は認証機関によって行われ、青木工務店は現在イギリスに本社があるBSIジャパンに依頼をしております。
f0070542_1113155
建設業では公共工事を多く手掛ける会社が認証を取得している事が多いのですが、民間建築ばかりの青木工務店のような会社が認証を取得している事はあまりありません。外部の目から会社を見られる事は大事な事となので10年以上継続しています。
今回もあらゆるチェックをいただきました。品質管理責任者で建築部の責任者である山田課長が主体となり、更なるカイゼンにつとめております。
BSIからの情報提供で、ISO9000sは2015に大改訂が予定されており、環境マネジメント14000sと合わさるようです。14000sも視野に入れていましたので、2015年版の基準が日本語訳で出ましたら、青木工務店の品質マニュアルも大きく見直していきたいと思います。