「日常業務」カテゴリーアーカイブ

金沢区K邸造作工事中!

金沢区K邸は外壁の板張りが完了し、間もなく足場も撤去予定です。

無垢の板の外壁の存在感は圧倒的で、やはり本物の風合いを感じますね。

下地との構成で外壁は防火構造以上の性能を確保しております。

担当棟梁の狩野大工の現場はいつ来ても綺麗で整理整頓が行き届いております。

この日もいきなり訪れたのですが 続きを読む 金沢区K邸造作工事中!

UN邸プレゼン!

先日お客様にプレゼンをいたしました住宅のパース図です。

お客様のご要望がかなりしっかりとした洋風の雰囲気でしたので、基本性能は現在の技術でさらにかつての知見を加えた計画でご提案しました。

写真の建物は30年ほど前の青木工務店の施工事例です。

この頃は輸入住宅を前面に海外の良質な製品をふんだんに取り入れた住宅を 続きを読む UN邸プレゼン!

2つの技術者更新講習

昨日は2つの資格更新の講習で終日関内の会議室でこもっておりました。

テキストの色がマダムシンコだな笑笑

午前は既存住宅状況調査技術者講習。

宅建業法のインスペクションの資格です。

これまで既存住宅「現況」調査技術者という資格が既存住宅「状況」調査技術者と名前が変わり(制度構築の見通しの甘さに振り回されている)名前が変わり初めての更新講習です。

宅建業法改正で出番が多くなるはずでしたが宅建業者団体から骨抜きにされているからかまだまだ浸透しているとは言えませんね、、、。

午後は適合証明技術者講習です。 続きを読む 2つの技術者更新講習

日刊木材新聞の新社屋見学!

先週の木曜日は、木場にある日刊木材新聞社の新社屋の完成見学会に参加を致しました。

日刊木材新聞は青木工務店でも定期購読しております。

基本的に材木屋さんなど木材関係者向け(木材分野では川上から川中)の新聞なので工務店(川下)の購読はあまりないと聞いておりましたが、木材市場の動向や記者の皆さんがそれぞれ野武士のような方ばかりで記事内容はいつも興味深くみております。

新社屋は日刊木材新聞創刊75周年事業として行われたものです。

創刊当時に今ほど木造を非住宅で使う機運が高まるとは予想していなかったのではないでしょうか。

最新の取組みを盛り込んだこの建物は実は6月に行われた構造見学会にも参加しておりましたがSNS等が不可だったので上げておりませんでした。

今回は晴れて許可になっているのでブログに取り上げております。

北西に道路がある角地の立地に立つ3階建ての建物です。 続きを読む 日刊木材新聞の新社屋見学!

お盆休み明けスタート!

青木工務店は昨日の17日(月)より通常業務に戻っております。

長い期間の夏季休業期間でご迷惑をお掛け致しました。

スタッフ皆、英気を養い全員揃って元気に出勤しております。

さて、お盆休み明けから新しい社員を木工建具部門である番匠木工に迎えました。

名前は渡辺智洋と申します。

木工建具の経験はありませんが、手先が器用との事で私も期待しております。

これから親方となる村木さんの下で修行に入りますが、見かけた際には是非声を掛けてあげてください!

片瀬海岸PJ現場足場解体!

片瀬海岸の木造テナントビルの足場が解体され、ついに全容が明らかになりました(笑)

外壁の杉板(突付目板張り)は今回、張り上がりの凸凹が同じ幅に見えるようにした上に、普段よりも目板が厚いので印影がくっきりと見えます。

縦のラインが綺麗ですね。JBN準耐火認定仕様です。

横のライン、外階段の奥行き感を演出するシャッターボックスや庇、上端に合わせた窓やドアも短時間でできるだけ調整しました。

1階左はオーナー様の店舗で、引き続き内装工事等が続行されます。

海・川側になる場所にはパーゴラ状の鉄骨下地にスノコが敷かれます。 続きを読む 片瀬海岸PJ現場足場解体!

早く明けて欲しい

建築屋としての愚痴をちょっと。

今年の梅雨は、いわゆる晴れ間が少し続く「梅雨の中休み」が無く降ったり止んだりがずっと続く梅雨です。

各地での豪雨災害と比べたら大和市では幸いそのような被災は無いのでその点では有難い事なのですが、普段の仕事としていわゆる外の仕事、基礎工事や外構工事、外装工事などは思うように進みません。

梅雨時期は年間で一番憂鬱な季節です。

段取りも随時変わり終わる予定が終わらず、始まる予定が始められず。天気については本当にどうしようもないのですが、建築屋にとっては本当に頭が痛いです。

平年の梅雨明け時期も既に過ぎまだ梅雨明け予想も経たない状態でそろそろ8月のお盆時期を迎えようとしております。

この間が短ければ短いほど、お盆明けのスタートがぐにゃぐにゃになってしまうのです。

お客様にはもろもろお待ちしてしまっておりますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします、、、。