Editor のすべての投稿

お施餓鬼

毎年8月1日は菩提寺である佛導寺さんのお施餓鬼でお寺さんに卒塔婆をいただきに参ります。普段は仕事を抜けていくのですが、今年は父の新盆なのでしっかりと礼服着用に黒のネクタイを締めて本堂に上がって法話から読経まで聞いておりました。仕事を忘れて、色々な想いに頭を巡らせる時です。法話では仏教の成り立ちから施餓鬼の意味など普段は聞かない話もきくことができます。

お施餓鬼には父が私に一緒に参加するように声を掛けるようになったのはいつからだったでしょうか、記憶が定かではないのですが、いつからか「家督と墓を守っていく」ことを自然に学ぶようになりました。母の新盆の時は2人で礼服を着て本堂に上がりました。それ以外の年は現地待ち合わせの現地解散だったり、私一人だったり、予定が着かず父に任せたりと、必ず毎年卒塔婆をお墓に上げてお線香をあげて帰りました。

今後は妻や子供たちに檀家としての行う事など一緒に行って伝えていくようになります。

今年は亡くなった息子の7回忌となる年です。父が亡くなり身内で息子を直接知る人は私一人となりましたが、今回は家族でしっかりと法事を務めたいと思います。輪廻転生。先祖への感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきたいです。

太陽光発電システムの罠④

住まいのコンシェルジュ 第771回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「太陽光発電システムの罠④」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引きつづき「太陽光発電システムの罠⑤」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

二宮町S邸地鎮祭&御契約!

月曜日は二宮町S邸の地鎮祭&御契約でした。

別の敷地で新築計画のお話をいただいてからこれまで本当に色々な出来事がありましたが、こうしてこの日を迎えられることは嬉しい限りです。

施主のS様は化学の時代の父と同級生で、本来ならば地鎮祭には父も必ず同席していたと思います。代わりに父の形見の腕時計をして参列しました。

S邸は地域材利用の長期優良住宅であり、また屋根の上に太陽光発電、建物内に蓄電池を設置した再生可能エネルギー積極利用のゼロエネルギー住宅となります。S様おめでとうございます。引き続きよろしくお願いします!

逗子S邸御契約!

土曜日は葉山S邸の御契約でした。

設計監理はi+i設計事務所さん、現場担当は山田部長と息の合った良い仕事でしっかり現場を進めていきたいと思います!

無垢フローリング床仕上げには、一般的にはアイアンウッドなどと呼ばれている青木工務店在庫資材のメルボが採用予定です。さらに、 続きを読む 逗子S邸御契約!

太陽光発電システムの罠③

住まいのコンシェルジュ 第770回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「太陽光発電システムの罠③」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引きつづき「太陽光発電システムの罠④」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

台風12号が近づいております。

台風12号が近づいております。

過去にはほとんど無い、東から西へカーブするルートであり、専門家の方もこれまでの経験では計り知れない事も予想されるという方もおります。また、7月では最大級の勢力を保っているという事で要注意です。
西日本豪雨の被災地でも二次災害が心配ですね、、、。

大和市では恒例の阿波踊りが本日は中止になりました。皆さま今一度家の周りを点検して充分に注意して下さい!

同業他社

先日西新宿のi+i設計事務所さんでの打ち合わせ帰り、交差点待ちだった同業他社のスタッフであるお二人の会話が耳に入りました。ちなみに、お二人は普段から知り合いという事は会話からもありません。

世界の巨人、Amazonの荷物配送を辞めた会社と新たに引き受けた会社。まさにAmazonの荷物について配送スタッフさんの現場の声を耳にしました。また、時期柄でお中元荷物の事、スタッフの待遇の面など。経営者としても興味深々で信号待ちをしながら聞き耳を立てておりました。信号が青になり、お互いに軽やかに挨拶をしながらそれぞれの配送先に分かれていきました。

荷物が届くという普段あまりにも当たり前に多く行われている事がこうやって人の手で行われていることや、(当たり前のことですが)血の通った人が行っていることというのを忘れないようにしないとと改めて思いました。

太陽光発電システムの罠②

住まいのコンシェルジュ 第769回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「太陽光発電システムの罠②」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引きつづき「太陽光発電システムの罠③」についてお話いたします。次回もお楽しみに!

愛媛県木造応急仮設住宅着工

愛媛県では先の豪雨被災者向けの応急仮設住宅が着工されたと様々な報道されております。そして建てられる応急仮設住宅は木造となりました。

これらを東日本大震災、熊本地震で多くの実績がある私たち全木協で手掛ける事になりました。全木協は地域の大工、工務店を中心とした全国組織です。地域の力を集結して建設などにあたります。

リンク先のNHKの記事では写真に、愛媛県の応援に来ている熊本県の職員さんの背中が写っております。経験者としてなのだと思いますが、各県同士の連携にも感動します。また、記事では「耐久性、防音性に優れる木造」とあり、時代が変わったなぁと感じています。

被災者の方へ、生活の安定と安心が仮設住宅でもたらされますように、そして早く元の生活に戻り復興が進みますようにと強く祈っております。

組子で図柄

先日、とある場所でスタッフと食事をした場所の写真です。

様々な種類の木の組子で模様を描き出した大きな建具が部屋の間仕切りにはまっておりました。

中に食事中のお客様がいたので近寄って写真は撮れませんでしたが、ひときわ目を引く造形でした。

うちの建具でもサンプルで造ってもらおうかなと閃いた次第です。

太陽光発電システムの罠①

住まいのコンシェルジュ 第768回目
本日もFMやまと(77.7MHz)でラジオ番組が放送されます。今日のテーマは「太陽光発電システムの罠①」についてお話いたします。
遠くで放送が入らない方はこちらへ。

次回も引きつづき「太陽光発電システムの罠②」についてお話いたします。次回もお楽しみに!