「日常業務」カテゴリーアーカイブ

値上げラッシュですか?

この所会社に来る連絡文に「来年から値上げとなります」といった趣旨の案内が多くなっております。

私たちも普段から、より良いものを安く、無駄が無い様に皆が共有できるように、他の会社を育てる意味で若手教育に熱心な会社、といった基準でISOの基本契約でも評価をしながら取引をしております。一方的な関係ではなく長く誠実なお取引ができることが大前提です。

一方で、一方的な通知で値上げができるのは良い商売だよなぁ、と冷ややかに見る側面もあります。私たちは一般のお客様と直接ご契約をするのに説明と内容を打ち合わせで重ねながら価格の折り合いも付けていきますので。

建設関連会社の社会保険未加入問題、働き方改革などなど先送りにしていた業界の問題がリミットを超えています。モノの値上がりの暴走に歯止めをかける意味でも、しっかりと監視を続けながら取引を続けていきます。

大工もJISトラス講習!

昨日は青木工務店の大工皆で午後からトラス講習を受講しました。トラスは細い部材で大きな空間を構成できる主に屋根構造の架構技術です。主催は一般社団法人中大規模木造プレカット技術協会(PWA)で私はPWAの理事もしております。

昨年は監理者・管理者側となる社員が受講、今年は実際に作業をする大工が受講しています。

主に学んでいるJISトラスは、実はかつてよく建築に使用されておりました。木造の校舎や公共建築の多くに採用されていたので、青木工務店のベテラン大工も現場経験があります。一昨年に60年ぶりに大改訂となった新しいJISトラスを皆で学びます。先に座学、この後は実技講習を行いました。

青木工務店では住宅以外の木造建築を積極的におススメしております。環境性能や快適性は言うまでもなく、勘違いされやすい防耐火性や耐震性も他の構造以上になります。さらにこのトラス構造により大空間も実現しながらも規則正しく並んだ架構は機能美とともに木材特有の色合いと香りが空間をより引き立てます。
現場でどんどん使われる日が早く来ますように!

働くママ職人

今月21日付で、青木工務店の建具部門「番匠木工」に建具職見習いとして入社しましたクルシノ沙貴子さんです。

2級建具製作技能士を取得し、建具屋さんでパート勤務をしながら地域のワークショップで格子細工の講師などをされておりました。これから青木工務店で本格的に建具職人としてのキャリアをスタートしていきます。

新しい相棒ができて、村木さんもやる気が更に出ております。

青木工務店でもこれからも働くママをしっかりとサポートできるようにしてまいります。現場で見かけたら、是非声を掛けてくださいね。

old friend is BEST FRIEND

16日の夜は父と横浜みなとみらいへ。横浜ベイホテル東急内の日本料理店「大志満」さんにて、タイから来ているヴィチャイご一家とミハマ通商さんと一緒にお食事をいただきました。

ヴィチャイはかつてカリン材とラバーウッド材で取引をしていました。父とは30年来の友人です。ミハマ通商さんの先代、武井さんと幾度となくタイに向かっておりました。ご令嬢のビビさんの結婚式にも招待され家族ぐるみのお付き合いです。

私もタイで一度お会いしておりました。お土産に 続きを読む old friend is BEST FRIEND

オダギリさん60周年感謝の集い

先週の金曜日はミハマ通商さんの50周年の解除を中座して、地元の薬局「オダギリ」さんの60周年感謝の集いに途中参加させていただきました。先代の小田切さんは父の高校の先輩で、小田切さんが大和商工会議所の会頭を務められていた時には父は副会頭をしていたという間柄です。

お仕事でも、建物の建築やご自宅の工事などもさせていただいております。

現社長の小田切さんです。私は小田切さんとは 続きを読む オダギリさん60周年感謝の集い

ミハマ通商さん50周年記念パーティー

先週の金曜日は夕方から横浜山下公園にあるホテルニューグランドへ。言わずと知れたオールドホテルです。

チーク・カリン材で長くお取引をさせていただいている、ミハマ通商さんの50周年記念パーティーにお招きいただきました。招待客の方と別のプロジェクトの相談もあり、少し早く会場に行っておりました。

ホテルの建物に囲まれた中庭も 続きを読む ミハマ通商さん50周年記念パーティー

見方を変えると

ここ数年前から様変わりしていく日本について書かれた本を色々読み漁りました。表面的に見ればげんなりしてしまいますが、見方を変えるとこれまでの勝組業態が通用しないぐらいの大きな変革を求められていくので青木工務店のような中小企業の素早く変化しやすい業態が有利に思えるのです。

前例にとらわれず、フラット思考で、地域工務店の役割を意識しつつも、私もワクワクしてしまう仕事にしていきたいですね。

ところで改めて本を見直したら、何冊か同じ本を買っていました。子供の頃はドラえもんやキン肉マンといったコミック本を間違ってダブらせて買っていましたが、ここは成長なしでした。

建築士定期講習

先週の火曜日は丸一日の建築士定期講習を受講しておりました。マンション耐震偽装問題や建築士偽造問題など建築士の信用が失墜してから始まった定期講習は3年ごとに行われております。

今年は定期講習制度が始まる以前から建築士資格を持っている人が受講となる年度なので社内でも受講者は多いです。私もこれで4回目の定期講習かもしれないです。

建築士定期講習はビデオ講習会なのでずっと座りながらテキストの説明を聴いて最後は終了考査です。かなりキツイ講習なのですが、せっかくなので前向きに。最近の法改正などを一纏めで勉強できる機会は無いです。住宅関連や木材関連の知識に偏っているのも気付かされますね。

とはいえ、省エネの義務化や公共建築物等木材利用促進法はさらりと、宅建業法改正によるインスペクターはテキストには記載があっても説明はありませんでした、、、。

日野春アルプ美術館

土曜日の夜に山梨県に移動しホテルに宿泊、日曜日は朝から八ヶ岳方面に行っておりました。

来年ご自宅の新築工事を行う旭区のN様がこちらで個展を行っているので、見学させていただきました。日野春という場所は私も初めて訪れましたが、自然が豊かでとても良い場所です。天気予報よりも天気が良くなったので、とても清々しい気持ちです。

枕木を敷き詰めた木道を歩いていくと、美術館の建物が見えてまいります。 続きを読む 日野春アルプ美術館

今期の設計者向け省エネルギー技術講習

今期で5年目となりました、省エネルギー技術講習。今期からは設計者向けの内容が大きく追加になります。講師向けの講習が一昨年行われ、参加をしました。

追加されたのが仕様ルートと簡易計算ルート。仕様ルートはこれまでの設計者向け講習でも触り程度でしたが、抜き出して新たな簡易計算ルートと合わさった講習になります。それだけ省エネルギー住宅の普及が進んでいないという事ですね。

これまでの一般的な省エネルギー計算は詳細設計ルートという事になってしまいました。

設計者向けテキストも写真の様に2種類になりました。

3つの計算ルートを整理した表です。仕様ルートは適否だけ。 続きを読む 今期の設計者向け省エネルギー技術講習

ISO9001のサーベイランス

2015年版に着々と

昨日まで品質管理の国際規格ISO9001のサーベイランスを審査機関BSIで受審しておりました。無事に今回もクリアできそうです。2008年版でのサーベイランスは今回が最後、来年からは最新の2015年版での受審となります。

認証を取得してから14年経過しておりますが、これまでも多くの方に助言をいただいて進めてまいりました。規格が変わっても私たちの仕事への取り組み姿勢は変わらず、まだまだ足りない事ばかりですが引き続き深化させていきます。